うちのこ、そだて!

育児絵日記という名の毒舌雑記ブログ。

【長男のアレルギー問題】その2.真夜中の嘔吐

こんにちわ、ranです。

 

 

前回からの続きです〜。

 

 

www.utinoko09.online

 

 

違うこと書きたくなったらちょこちょこ合間に挟むかもしれません。

 

この計画性のなさ!!

でも反省しない!(図太く生きるコツ)

 

 

 

 

 

肌荒れのほかにも気になることがありました。

 

生まれてから混合で育ててたのですが、ミルクを飲ませたあとに吐くこと数回。

 

吐くというのも、ゲップと一緒にテロっと出るレベルではなく、

大量に吐いた後、少し顔が青白くなるレベル。

 

でもちょっと待つと顔色も戻るし、普通に寝る。

 

ちょうど季節は冬。

 

インフルエンザも流行る時期、

当時わたしはペーパードライバー、

住まいは北海道、

車での移動も簡単にできません。

 

 

これはなんだろう?

変な病気だろうか?

次吐いた時どうしたらいいんだろう?

 

初めての育児、初めての小児科、

どこがいいのかも全然わからない。

 

肌荒れと嘔吐に悩みながら、の毎日。

 

そんなある日、事件です!

 

その日も普通に夜の授乳のあと、

ミルクをあげて寝かせたところ、

寝付けないのか隣で、ビービーギャーギャー。

 

f:id:tronctan:20200923000002j:image

 

眠い目をこすりながらヨシヨシしてた、

そのとき!

 

f:id:tronctan:20200923000013j:image

 

寝ながら噴水のように嘔吐!

 

息子も、ギャー!

 

わたしも、ギャー!(いろんな意味で)

 

そして吐いた後ぐったり。顔も青白い。

 

いそいで#8000に電話して状況説明。

 

吐いただけなら明日明るくなってから受診してもいい、

でもぐったりして意識がないような状態なら救急へ、と言われ

救急センターに電話、それからタクシーへ乗り込みました。

 

オットは当時週末しか帰ってこなかったので、平日は基本わたしと息子だけの生活でした。

 

 

その日は夜中、猛吹雪。

 

タクシーの中、すごく心細くてドキドキしました。

 

f:id:tronctan:20200923000029j:image

 

タクシーで寝たせいか息子は病院につくとケロリと元気になり、仙人のような先生に、

 

「この子は元気だから大丈夫!ここは病人のくるところだから、こんな小さい子連れてきたらダメだよ」

と正論を言われ、ほっとしつつもげっそりして帰りました。

 

今回の嘔吐事件で、なんとなく、この子はミルクアレルギーなんじゃないかと思いはじめました。

 

ミルクをあげるのがこわくなりました。

 

なんとか母乳だけにできないかと思って、生後4ヶ月から完母への挑戦が始まりました。

 

 

 

完母への道、は、また別の機会に。。思い出したら。(テキトーですみません)

 

つづく!